数年前、近所で行われた農業祭で、ミニバラを買いました。300円くらいだったか、とてもお買い得で、その年は見事な花を咲かせてくれました。「冬を越して次の年も咲くよ」と言われたのですが、その通りで、ほとんど世話をしなかったのに、次の年もきれいに咲いてくれました。こうして、軽い世話だけで、毎年綺麗な花を楽しんでいたのですが、おととしくらいから、様子が変わってきました。花は咲くのですが、葉がすぐにだめになるのです。虫にやられたこともあり、あわてて防虫剤をまいたら、今度は虫はいなくなったけれど、何かの病気なのか、葉っぱがすぐに傷んで、落ちてしまうようになりました。

http://xn--jp-hh4a9duc2349dh0hgtc.com/

毎年冬になると、枯れた枝を切り落として植えかえていたのですが、今年は思い切って、一気に切り詰めてみました。そして春になり、切り詰めた枝から新しい葉がぐんぐん伸びて大きくなり、やがて花芽が付き、今年も花がきれいに咲いてくれました。でもやっぱり葉は元気ありません。植物にも寿命があるのかな。近所に詳しい人がいないので、聞くこともできず、調べてみてもよくわからず、防虫剤や肥料を使いながら、今年も格闘してくことになりそうです。

社会人になってすぐ銀行の窓口で勧められてJCBクレジットカードを作成しました。最初は怖くて使うのをためらっていましたが、ネットショッピングで使用し始めたのをきっかけに海外旅行や家電等の大きいショッピングでも使うようになりました。現在では細かい買い物にもほぼ使用しています。JCBカードは明細もネット上でmyJCBに登録すれば毎月の使用明細も見ることが出来ます。なんといってもポイントを貯めて各種商品やチケット等に交換することでグッとお得感が増す点がいいです。我が家では、ここ数年何千円かのスーパーでの買い物でも使用し出来る限りポイントを貯めています。myJCBの中にある会員専用ポイント交換サイトokidokiでは指定されたサイトでショッピングすると更にポイントが何倍かになって、とても貯めやすくなっています。交換できる商品の幅も広いので貯める喜びもあります。JCBはディズニーランドのオフィシャルパートナーになっているため、パスポートにも交換可能です。しかも混雑時の規制なく入れます。
http://専業主婦クレジットカード.biz/

隣の芝生が青いっていうけど隣も同じことを思ってるんですよね。しかし、新聞やTV、ネット上の不幸なニュースを見て、明日の食事の心配がない。もしくは、両親が存在するなど当然のことを幸せと思えと言ってもなかなかそう思えない。でも、幸せな時間や瞬間ってどんだけ不幸なときでもあるのかなとも思う。幸せな状態が継続するとそれが当然になることもあるから、これもよく言われるのだろうが悪い状態もしくは不幸せな状況を感じるからこそ幸せが感じられるとか。この手の話って哲学者に任すのがいいのかもしれませんが日常で相対的に幸せだとか、もしくは個人的に苦しいとかいろいろあると思うんですよね。だから多くの人はこういうことを考えてるのではないのかなって。だから自己啓発本って結構売れるし皆悩んでるのかな?もしくは一部の人だけの問題なのか。でも僕の知ってる範囲では多くの人は何らかの悩みや葛藤を抱えながら生きてるように感じる。

2歳の娘がいますが、最近階段を一人で上り下りできるようになりました。2階に行く時は必ず私か旦那のどちらかと行きます。上るときは両手を階段についてハイハイをするような感じで行くので、親は後ろからついていく感じです。
下りるときは階段に座りながら下りてきます。
最初は上るときのようにハイハイの状態で足から下りるようにやらせようとしましたが、怖いのかやろうとせずずっと抱っこで下りていました。
最近になって旦那と2階へ上がった時に座りながら下りる練習をしたらすんなり下りることができたので、それからは座って下りてきます。
他にはお絵かきをするようになりました。壁に落書きをされるのが嫌だったので、やらせていませんでしたがそろそろやってみようかと思い、色鉛筆とお絵かき帳を買いました。親がやっているのを見て自分なりになぐり書きや線をひいたりして楽しんでいるようです。赤やピンクがお気に入りのようでお絵かきをするときはたいていどちらかを持って描いています。