隣の芝生が青いっていうけど隣も同じことを思ってるんですよね。しかし、新聞やTV、ネット上の不幸なニュースを見て、明日の食事の心配がない。もしくは、両親が存在するなど当然のことを幸せと思えと言ってもなかなかそう思えない。でも、幸せな時間や瞬間ってどんだけ不幸なときでもあるのかなとも思う。幸せな状態が継続するとそれが当然になることもあるから、これもよく言われるのだろうが悪い状態もしくは不幸せな状況を感じるからこそ幸せが感じられるとか。この手の話って哲学者に任すのがいいのかもしれませんが日常で相対的に幸せだとか、もしくは個人的に苦しいとかいろいろあると思うんですよね。だから多くの人はこういうことを考えてるのではないのかなって。だから自己啓発本って結構売れるし皆悩んでるのかな?もしくは一部の人だけの問題なのか。でも僕の知ってる範囲では多くの人は何らかの悩みや葛藤を抱えながら生きてるように感じる。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。